読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スネップ仙人が毒吐くよ

50代ひきこもりの独白記


昼夜逆転が直りません、人生終わっているかもしれないw

「昼夜逆転が直りません」って毎度書いてるブログがあるんだけど……

 

CITIZEN ( シチズン ) 目覚まし 時計 ツインベルRA06 アンティーク調 金色イブシ仕上 8RAA06-063

 

自分、今日の起床は15:30だったw

 

朝9:30に寝て、15:30。6時間睡眠ね。

ここ2か月くらいかな?こんな感じ。

だんだん遅くなってる。

少し前は8時に寝て14時とか、少し早く寝て7時半で14時起きとかだった。

大体6,7時間寝てる感じ。

 

もっと以前は5時に寝て9時半起きというパターンが多かった。

一日の時間が足りなくて何時間も寝てられない、ショートスリーパーでいようという考えだった。時には3時間で仮眠20分を数回という事もあった。

 

ところが、身体が全然もたない。

 

年寄りはショートスリーパーというイメージだったのだが。

 

6時間以上眠るようになってから体調が変わった。

当然の変化だ。

 

まず、悩んでいる老眼が軽くなった。老眼鏡を使わずに済むようになった。

栄養不良だと思っていたのだが、

何だ、単に眼精疲労だったのか?

 

あと、起きてから4,5時間の間は眠くならなくなった。

その間コーヒーを飲まなくても平気になった。

 

逆にデメリットもいっぱいある。

午前中のはてなブックマークのチェックが出来なくなった。

仕事の能率というか毎日のルーチンワークもさして効率が上がらず、時間が減った分出来る事も減った気がする。もともと、頭が寝ていても出来るような糞作業だから、時間が減った分はそのまま減ってしまうのだ。

起きて直ぐ暗くなってしまうのも嬉しくない。

 

いやだから、寝る時間を早くすればって話なんだろうけど、やるべき事をやってから寝ようすると時間が遅くなってしまうのだ。

朝のお務め的作業をするには7時から10時の間に1時間程度は時間が必要で、8時に寝るか9時に起きるかの違いでしかないのである。

 

朝のお務め作業がなければ、4時に寝て10時頃起きるのが自分的には理想なのだが。

 

元々、20代の頃からバイトは夜勤が多く、昼間寝ている生活には抵抗がない。

4時間程度の睡眠よりは、今の状態の方が全然体調は良いから、昼夜逆転でもその方が良いと思っている。

まあ、例のブログの人は自分より若いし、まだ職を探す意欲があるから昼夜逆転を直す必要があるのだけれど……。

 

自分の方は、人生終わっているかもしれないw