読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スネップ仙人が毒吐くよ

50代ひきこもりの独白記


フラッシュメモリの品不足でSSD値上がり中、高いけど買ったった

品不足と円安のダブルパンチで、絶賛値上がり中のSSD。

bto-pc.jp

 

上記のリンクでは

SSDは2割増し感でTLCが主流に

と書かれているが、これは容量に限らないSSD全体の数値。自分の様な貧乏人には120GBか、せいぜい頑張って240GBしか買えない。コストパフォーマンス的には320や480GBの方が有利である。

 

銘柄によるが、去年の年末には4,500円程度で買えた120GBのSSDが、現在は6,000円前後の価格に。

f:id:mfigure:20170228184903j:plain

何と1.3倍、3割増しですよ奥さん!

 

上記リンクでは円安は落ち着く気配があるとも書かれているが、インフレになるとも噂されているところで、かつての様に1ドル80円台など勿論望むべくわきゃない。

為替より深刻なのは品不足で、SSDの主要部品であるNANDフラッシュメモリはスマホの普及、高級化に伴い需要が増えているのは、誰でも分かる事だろう。

 

さらに追い打ちをかけるように、最近では大容量のHDDが主流だった、サーバー用途にもSSDが求められているという。

toyokeizai.net

東芝メモリの行末も不透明で、何一つ将来安くなる要素がない。

 

自作PC界隈では今は買い時ではないと囁かれるが、いつまで待てば安くなるというのだ?

大体、例年4-5月は引っ越しが終わって、そろそろ新居でのPC環境を整えたいとの新入社員や学生による需要で、自作PCパーツの価格は高騰しがちである。

7-8月、12月はボーナスセールに合わせて安くなるが、今年はどうか分からない。

 

というわけで納得したわけではないが

f:id:mfigure:20170228193457j:plain

SSDを購入した。

上でも書いたが、しょぼいTLCの120GBである。ブランドだけは人気のSanDiskと、こだわった。

 

実は先月、Amazonギフト券の合計が4500円ほどになり、「よーし、SSD買ったる」とポチろうとしたところ、値上がりで買えなかったという経緯がある。

その代わりに先月は4GBのメモリを買ったのだ。 

snep1000.hatenablog.com

 

今日の所は一応開封だけ。

紙箱で蓋がぴっちり糊で止まっているので、開けにくい。

f:id:mfigure:20170228195206j:plain

開けたら即中古品だw

3年保証って書いてあるけどな。

 

内容物はシンプルだ。

f:id:mfigure:20170228195517j:plain

  • SunDisk SSD PLUS本体
  • 9.5㎜厚HDD搭載ノートPC用に厚みを揃えるスペーサー(本品は7㎜厚)
  • 各国語対応簡易マニュアル兼保証書
  • 専用ソフトウェアダウンロードサイトを記したチラシ

の4点。

 

どう使うかは、追々ブログに書いていく。

 

SanDisk SSD UltraII 120GB 2.5インチ [国内正規品]メーカー3年保証付 SDSSDHII-120G-J25

SanDisk SSD UltraII 120GB 2.5インチ [国内正規品]メーカー3年保証付 SDSSDHII-120G-J25

 

SanDiskはアメリカ企業で、東芝との共同生産チップの為に人気が高い。Amazonで購入したが、在庫がない場合が多い。

 

ない場合は、WDをお勧めする。

WDはHGSTを傘下にして世界最大手のHDDメーカーになったが、SanDiskもWDに買収された。WDはSSDでも覇権をねらっているのだ。

東芝もWDに買われてしまうのだろうか?

WD SSD 内蔵SSD 2.5インチ 120GB WD Green SATA3.0 6G / 3年保証 / WDS120G1G0A

WD SSD 内蔵SSD 2.5インチ 120GB WD Green SATA3.0 6G / 3年保証 / WDS120G1G0A

 

 

コストパフォーマンス的には120GBより240GBの方が良い。 

WD SSD 内蔵SSD 2.5インチ 240GB WD Green SATA3.0 6G / 3年保証 / WDS240G1G0A

WD SSD 内蔵SSD 2.5インチ 240GB WD Green SATA3.0 6G / 3年保証 / WDS240G1G0A

 

 

昨年末はSamsungが格安で人気もあったが、今年はディスコンになったのか出荷していないようだ。スマホ向けのフラッシュメモリの生産で手一杯で、SSDどころではないのかもしれない。