読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スネップ仙人が毒吐くよ

50代ひきこもりの独白記


福井県坂井市春江町 藤鷲塚の藤を撮影

前回、鯖江市西山公園で藤棚を撮影したものの、満開というにはタイミングがやや早く、不本意な写真となってしまった。

 

snep1000.hatenablog.com

 

そこで、何とかリベンジしたいと福井市近郊の藤の名所を探ったところ、西山公園より近い、片道10㎞ほどの場所が見つかった。

鯖江市は福井市の南であるが、それとは正反対の北隣である、坂井市春江町にある藤鷲塚の藤である。

www.jalan.net

 

10㎞なら、おんぼろママチャリでも何とか1時間ほどで行くことが出来そうだ。

というわけで、期待に胸を膨らませて早速向かったのであるが……

f:id:mfigure:20170505155700j:plain

こんなことをいっては怒られそうだが、少々期待外れであった。

場所に迷い、現地住民に道を訊いたのだが、ピークは過ぎてしまったらしい。

リベンジならずといったところだが、先客の熱心なカメラマンもおり、見物客も盛んにやってくる様子である。

そんなわけで、やや消沈しながらも撮影に臨む。

 

f:id:mfigure:20170505153736j:plain

先ず、このぼろぼろの木製の碑の後ろに見えている幹の木一本が、枝分かれして藤棚になっているとの事である。樹齢は最低300年以上、400年とも、信じがたいが800年といっている情報もあり相当な古木である。

個人的に提灯は雰囲気ぶち壊しと思うが、夜間灯りに照らされた花も風情があるのかもしれない。

 

f:id:mfigure:20170505153519j:plain

一番密度の濃い感じを狙って撮って、この程度である。房の長さは短めで迫力はないが、良く云えば可愛い感じだ。

 

f:id:mfigure:20170505154155j:plain

f:id:mfigure:20170505154237j:plain

アップで撮ると、苔の生えた幹に風情を感じる。

苦しい説明だなw

 

f:id:mfigure:20170505155010j:plain

しめ縄とのコラボ。今見ると、しめ縄にもピントが合った写真の方が良かったかも。一応そういう写真も撮ってはいる。

 

f:id:mfigure:20170505153046j:plain

最後は藤棚の上からのショット。工事用の足場で階段と展望台が設けられていて、藤棚の上を望むことが出来るが、全体的に緑の葉の中に埋まるような感じでしか花が見えない。

 

という感じで、残念という他ないが、地域にとっては歴史ある宝なのだろう。またピークであれば、もっと迫力がある物なのかもしれない。

 

西山公園もそうだが、今年は縁がなかったという事だろう。

 

 

とはいえ納得いかないのでネットで画像を検索したところ、昨年の最盛期に撮られたと思われる写真ブログを発見した。

blog.livedoor.jp

 

やはり、ピークの花の美しさはこんなものではないようだ。

上のブログの写真は広角レンズで主に撮られているが、自分は超望遠レンズだけを使い、花の密度が低すぎて広角にする気は全くならなかった。

 

いや、本当は広角といえるようなレンズ自体持っていないのだがw

 

PENTAX リミテッドレンズ 薄型広角単焦点レンズ DA21mmF3.2AL Limited Kマウント APS-Cサイズ 21590
 

広角の単焦点が欲しいが、なかなかのお値段である。