スネップ仙人が毒吐くよ

50代ひきこもりの独白記


トンボ撮影修行、まだまだ下手くそ

PENTAX K200DにDA L 50-200mm F4-5.6 ED WRの組み合わせで、2週間ぶりに足羽川でお散歩撮影。

間に台風5号がやってきて川が増水、堤防に掛かるまでは行かなかったが、河川敷の遊歩道すれすれまで水が溢れてきているのを見ていた。今回は、川辺がどうなっているか様子を探る。

いたるところに流木や泥が貯まっていて、以前のように美しい清流でないのが残念。

 

とはいえ、トンボはより一層元気に飛び回っていた。

以前撮った時は、完全に失敗だったので今度こそ捉えたいところだ。

 

snep1000.hatenablog.com

 

ピント調節をマニュアルフォーカスにして、ピントリングを無限遠から少し捻って3mから4mくらいの所に合わせて、その距離で飛んでくるトンボを追う。

もっと近い距離で大きく捉えたいが、2m程度だとファインダーで確認できるピントの範囲が狭すぎて姿を見る事さえ困難だ。

f:id:mfigure:20170816173621j:plain

一応何とか撮影成功。

トリミングで大分拡大しないとダメなので画像が荒れるが、ブレていた前回よりは全然マシである。

前回より時間的には遅いのだが、日差しが強く、シャッタースピードを1/2000と速く出来たのが良かったのか?前回はISO800でF8.0と同じ条件だったが、シャッタースピードは1/400~1/800だったのだ。

設定は古いPENTAX K200D的には限界で、新しいカメラならもっと楽に撮れると思うが、現状はこれで技術を磨くか運に恵まれるしかなさそうだ。

 

 以下、同じ日に撮った他の写真4枚。

f:id:mfigure:20170816175410j:plain

f:id:mfigure:20170816180347j:plain

f:id:mfigure:20170816182354j:plain

f:id:mfigure:20170816182737j:plain

トンボ写真と同じISO800で撮ってしまったので、ノイズが多く等倍では見るに堪えない画質。ブログで縮小すれば分からないが……

 

Flickrという画像SNSがあって、本格的な写真ブログの多くはそこから画像を貼り付けている。

Flickrでは撮影された等倍のサイズで閲覧が可能だ。しかし、自分の写真は等倍にすると見るに堪えない物が多いので踏み切れない。

トンボは仕方ないが、動かない風景や花は出来るだけ低感度でノイズの少ない写真を撮る癖をつけないと。

ピントも今までブログに載せていた写真は、怪しい物がある。

 

散々ブログで偉そうに書いているが、つまりは下手くそなのだ。

 

Flickrをやるには、まだまだ修行が必要である。

世間から消えたラバー負荷式ホームジムマシンで筋トレ再開

先日の腹筋ローラーの記事で軽く触れた、部屋の隅に追いやられて使わなくなる大掛かりな筋トレマシンの話。

 

snep1000.hatenablog.com

 

実際うちには、畳一枚分のスペースを喰う大きな万能ジムセットがあるのだが、今では物干し台と化しているw

 

それはこれの事だ。

f:id:mfigure:20170814190158j:plain

30年ほど前に購入した、

ジャパンフィットネス社製

スーパージャイアントジム

である。

 

これ1台で102種類のエクササイズが出来るというスーパーマシンである。

当時はこれを含め同種の通販商品が、漫画雑誌や男性向けグラビア誌等の広告に良く載っていた。

現在でもそれらの雑誌にはダンベルやバーベル、シットアップベンチ等の広告が見られるし、同様の各種機能を詰め込んだマルチジムマシンも載っている。

 

こういうやつである。

値段も当時3万円台後半で、物価の上昇分を考えると同等だ。

 

しかしながら、現代のマルチホームジムマシンと決定的に違う部分もある。

それは筋肉に負荷を与える方法が違うのだ。

現代のマシンは、バーベルやダンベルと同様、重りを使って負荷を与える。

レールに鉄製の重りが何枚も重なっていて、ワイヤーにつながるピンの位置を変える事で負荷重量をワンタッチで変更出来るようになっている。

 

ところが、自分が購入したスーパージャイアントジムは、鉄製の重りではなく、ラバーウェイト*1という、ゴムの板状の物質を使用する。

それをバネの様に引く事で、筋肉に負荷を与えるのである。

当時は、同様のラバー負荷式のホームジムマシンが殆どだった。

 

重りにピンを差し込んで負荷を変える方式は当時もあったが、それはホーム用ではなくプロが使うマシンで、一般人が買う物ではなかったのだ。

その他、一部では油圧シリンダーの抵抗を負荷に用いたマシンもあった。

 

ラバー負荷式のマシンはピンからキリまで沢山あったが、自分がこのスーパージャイアントジムを購入した理由は、付属するラバーウェイトの種類が多かったからだ。

他のマシンは25㎏のラバーウェイトが6枚だけというセットが殆どだったが、これには

5㎏×2枚

10㎏×2枚

50㎏×4枚

が追加されていて、より細かい負荷調整が可能だったからである。

ラバーウェイトは2枚一組で使用する為、25㎏しかないのでは非常に都合が悪い。

後に更にオプションで、追加のラバーウェイトも購入した。

 

前置きが非常に長くなってしまったが、今回この記事を書くにあたり、今でも売っている同様の商品を紹介しようと探したのだが、現役のラバー負荷式マルチホームジムマシンはどこにも見当たらなかった。

 

多くは重りにピンを挿し変える方式で、残りは油圧シリンダーである。ラバー負荷式のマシンは世間から消えてしまっていたのである。

 

理由を知りたかったので、あれこれ検索してみたのだが、それさえも分からないのだ。

一体どうしたというのだろうか?

フラッシャー付き自転車の様に消えてしまったわけで、これも昭和レトロの一種かもしれない。

 

さて、消えてしまった物はしょうがないので、我が家にあるスーパージャイアントジムを紹介しよう。

f:id:mfigure:20170814165308j:plain

この状態であるw

ごちゃごちゃして良く分からないと思うが、ハンガーやら洗濯バサミがくっ付いていて、すぐには使えない状態だ。5年以上使用した記憶がない。

だから、腹筋ローラーの記事でいったのだ。大掛かりな器具を購入しても、物置になるだけだと。

実家に戻って来て、この場所にこれを置いた当時は、まだやる気満々だったのだが、

エクササイズの種類を変更するときに、鉄製のパーツがぶつかる音で、同居の家族が何をしているのか?と一々覗きに来るので、ウザくなって止めてしまったのだ。

 

ちなみに、うちには別のフィットネス器具があるのだが……

f:id:mfigure:20170814184957j:plain

それも単なるハンガーになっている。

こちらも平成生まれの若者は知らないだろう。

「ぶら下がり健康器」という代物だ。

 

話を戻そう。

物干し置き場と化していたスーパージャイアントジムであるが、再び意を決して筋トレ用として使用再開したいと思ったのだ。

その理由は、腹筋ローラーで腹筋の方は少しずつ引き締まって来ているが、残念ながら大胸筋が全然なのである。

筋肉が全くなく、あばらが浮いて見えるという体たらくなので、何とかしたいと考えたわけである。

そういうわけで、大胸筋に効果的なベンチプレスをやる事にしたのだ。

 

f:id:mfigure:20170814164037j:plain

ちょっと物干し用品を片付けて、スーパージャイアントジムをベンチプレス用にセッティングした。

ラバーウェイトは25㎏×2枚で50㎏である。

自重が48㎏なので、腕立て伏せによる負荷よりも、少し上といったところで、最初はこんなもので良いだろう。

それを取り合えず12回の3セットやった。

 

普通のベンチプレスに加えて、持ち手を中央に寄せてナローハンドベンチプレスもやってみた。

こちらは普段使わないポジションだったので、負荷がきつくワンセット10回がやっとである。それを3セット。

 

しばらく腹筋ローラーに加えて、これらを続けてみたいと思う。

 

一度ベンチプレスポジションにマシンをセットしてしまえば、組み換え時の騒音はしないので、同居の家族にちょっかいを出されることもないだろう。

まあ、勝手に引っ掛けられたハンガーだとか洗濯バサミは、その都度どけるしかないか。

 

ラバー負荷マシンが消えた理由だが、おそらくラバーは劣化してダメになると思われたのかもしれない。しかし、自分のジムマシンのラバーは全然劣化しておらず、裂けたりヒビが入っている様子はない。

ラバーウェイトが破損すると危険と思われるかもしれないが、可動範囲はラバーが無くても制限されているので、フリーウェイトのダンベルやバーベルの様に落下してケガをしたり最悪胸や首を挟まれて死亡するといった、危険はない。

 

あと、スーパージャイアントジム以外のラバー負荷マシンは付属ウェイトが50㎏刻みでしか調節できなかったのが大きいと思う。

50㎏の次がいきなり100㎏じゃ、使えないと思って当然だ。

 

それから、このマシンはフルセット状態でバタフライ・アタッチメントとレッグカール・アタッチメントが付属していたが、可動軸がすり減るなど作りが悪く、置き場所も取って邪魔なので、それらは既に廃棄済みだ。

それらが無くても他のエクササイズで代用可能なので問題ない。

 

 

といった具合だが、先日もいった通り、こうした大掛かりなマシンは、やはり一般的にはお勧めしない。

比較的手軽に買えて置き場所も取らない物としては、ダンベルセットがあるが、上記したようにフリーウェイトは安易に使用するとケガをする危険性がある。

 

 

ラバー負荷のホームジムマシンは消えてしまったが、手足で直接引っ張るラバーチューブは各種販売されている。

これなら場所は取らないし、安全性もフリーウェイトより高く、楽しくエクササイズができるかもしれない。

*1:バーベルやダンベルでもラバーウェイトという商品があるが、それは単に鉄製の重りをゴムでカバーして、床に置くときや重り同士がぶつかって音を出さないように工夫しただけで、負荷の仕組み自体は単なる重力を利用した重りである。

佐々木小次郎が燕返しをあみだした一乗滝

宮本武蔵と巌流島の決闘を戦った、佐々木小次郎が秘剣「燕返し」をあみだしたことで知られる福井の名所、一乗滝に行ってきた。

佐々木小次郎 - Wikipedia

 

以前最後に行ったのは小学生高学年だっただろうか。福井市内では一乗谷朝倉氏遺跡と共に遠足コースとしてポピュラーである。

一乗谷朝倉氏遺跡 - Wikipedia

 

今更出かけたのは、福井市中心部からクルマで30分以内の近場で、例によって単に写真を撮りたかっただけだ。

 

snep1000.hatenablog.com

 

途中、一乗谷朝倉氏遺跡に立ち寄って写真を撮りたくなる誘惑にかられたが、こちらはまたの機会にスルー、ひたすら行き止まりとなる一乗滝に向かう。しかし、最終地点の駐車場は満車。さすが、こんなマイナー観光地でも夏休みは違うらしい。

違法駐車する者も多いが、いったんUターン、手前600mほどの地点まで戻って駐車する。結局50分近くかかってしまった。

 

f:id:mfigure:20170811160006j:plain

福井市中心部から約30分の近郊だが、山深い地域である。

最終地点の駐車場から、更に5分ほど徒歩で奥に進む。

 

f:id:mfigure:20170811160551j:plain

こんな具合に見物客でいっぱいだ。

人の対比で分かる通り、落差は12mほどで、そう大きな滝ではないが……

 

f:id:mfigure:20170811161223j:plain

f:id:mfigure:20170811161341j:plain

滝壺は狭く浅く、間近まで寄る事が可能で、接近するとなかなかの迫力である。

 

f:id:mfigure:20170811160909j:plain

水量も多く、小次郎は激しい水の流れを斬る事で、燕返しを会得したのだろう。

 

f:id:mfigure:20170811162200j:plain

シャッタースピードを遅く設定すると、水の流れが繋がって綿のように見える。

 

f:id:mfigure:20170811161423j:plain

滝壺から流れ出す清流。真夏だが、付近は水煙の所為か、とても涼しい。

 

f:id:mfigure:20170811163423j:plain

下から上を見上げると遊歩道らしきものが見えたので、滝の上に登ってみる。

落水地点は草木が生茂っていて直接見る事は叶わなかった。

隙間から僅かばかり見える滝を撮る。

 

f:id:mfigure:20170811162447j:plain

自分が小学生時代に訪れたときは無かったと思う小次郎の像。

一応有名ではあるが、敗れたことで有名というのは、朝倉氏も同様であり、この地が全国的にマイナーであるのは、そのことが原因なのだろう。

福井市中心部にある柴田勝家の居留地跡とて同じ。

全国区となりつつある恐竜博物館も、亡びた生物である。

「亡びの地、福井」と言ったら自虐すぎるか。

 

www.fuku-e.com

 

妻が米を炊かないとか、増田にマジレスしても仕方ないが……

妻が米を炊かないとか、増田にマジレスしても仕方ないが、久々に下らない事で腹が立ったぜ。

anond.hatelabo.jp

 

俺は、米がカピカピだろうが2日前に炊かれたもんだろうが常に炊飯器に米があって食べたい時にすぐに食べたい。

「どんな状態の飯でも良いから、すぐ食べたい」とかいっておきながら、

 

炊きたてを冷凍すると何か水っぽくなるから嫌だ。レトルトも何か臭い。

これだ、炊飯器でないのはマズイとかいってるわけだ。

何たる矛盾w

 

てめぇのようなヤツが、味を云々いうなど笑止千万である。

 

というか、こんなのは軽いジャブでどうでもいい。

 

妻が米をギリギリまで炊かない

 

って事はだな、てめぇ他人にやらせて

 

 

自分は食うだけ

 

 

って事じゃないか!

そんな奴が、何好き勝手いってんだよ。

食事の用意、嫁さんにやらせて、自分は食うだけなんだろ。人にやらせて文句ばかり言いやがる。

こいつは多分一人暮らしなんかした事がないんだろう。

 

一人で暮らしたら、誰もおまんまなんか用意しちゃくれないんだよ!

手前で米を研いで炊かなきゃ始まんないのにさ、こいつ結婚するまでどうしていたんだろうか?

お母ちゃんが全部やってくれていたのか?

 

こんなヤツがいるから、家族同居の人間がバカにされるんだ。

とんだ風評被害である。

 

ちなみに今は自分、家族同居で引きこもっているが、以前は一人暮らしで飯だって当然自分で炊けるし、なんなら炊飯器が無くても炊けるんだけどさ、こういう奴が一人でもいると誤解されちゃうんだよな。

 

違う。そうじゃないっていうなら、

 

そんなの、自分で炊けばいいだけだろ。

 

今時の炊飯器なんか、タイマーが付いてるのは常識だし、水揚げ待たなくても、ボタン押したらすぐ炊けるんだろう。寝る前に無洗米と水だけ入れとけば、勝手に炊けるだろうが。

 

ただし、炊飯器の大欠点として、普通の炊飯器は蒸気が発生するので、何処でも置けない、換気が必要というのがある。

 

だから、本当に自分で炊いて、いつでもうまい飯が食べたいなら以下の炊飯器をお勧めする。

 

蒸気レス、あるいは蒸気セーブの炊飯器だ。

 

先ず紹介する三菱の炊飯器。「蒸気レス」とそのまま機能を謳っているのはこの商品だけである。他社は「蒸気セーブ」といっている。

95%の蒸気をカットするらしいが、100%蒸気をカットできる炊飯器はどこにもないので、他社は正直に「蒸気セーブ」といっているのだろう。

Amazonじゃレビューがなく星がないが、この分野の商品はあまり世間に知られていないようだ。

実に残念である。

参考までに旧製品をあげるが、こちらは評価が高い。

三菱電機 蒸気レスIHジャー炊飯器 備長炭炭炊釜 5.5合炊き ルビーレッド NJ-XS106J-R

三菱電機 蒸気レスIHジャー炊飯器 備長炭炭炊釜 5.5合炊き ルビーレッド NJ-XS106J-R

 

 

他社の「蒸気セーブ」炊飯器では

 

 

こちらは80%の蒸気カットである。象印はタイガーと並ぶ炊飯器の人気ブランドで、むしろ家電メーカーより信頼を置いている人も多いだろう。

 

日立 炊飯器 圧力IHスチーム 打込み鉄釜 5.5合 RZ-WV100M R

日立 炊飯器 圧力IHスチーム 打込み鉄釜 5.5合 RZ-WV100M R

 

日立の蒸気セーブ炊飯器も優れモノだ。蒸気カット率は、炊きかた「白米・極上もちもち 」0.54L(3合)炊飯時、標準水量0.6L(600mL)に対して排出蒸気量5.3mL(約0.89%)となっている。

コスト的には日立が現状ではリーズナブルでお勧めといえる。

 

 

実のところ、奥さんが旦那の要求にあれこれケチを付けて拒否するのは、料理を作る時間に飯を炊かないと、蒸気が出て部屋が湿気るから困るのだ。

料理を作るのと同時であれば、換気扇を回すから大丈夫だが、換気扇を回していない時間に勝手に炊かれるとマズイのである。

 

そんなことも分からず、文句をいっている増田は、一人暮らしなどした事もないし料理も自分で用意したことがないのだろう。

 

そんなクズ野郎でも結婚できるのに、自分は結婚などもはや不可能である。つくづく世の中理不尽だと思う。

腹筋ローラーとプロテインによる筋トレの途中経過報告初回

腹筋ローラーを入手してから26日、プロテインを飲み始めてから12日と、全然中途半端だが、途中経過の報告。

 

snep1000.hatenablog.com

 

 

snep1000.hatenablog.com

 

50過ぎのオッサンの醜い身体をさらすのも気持ち悪いと思うが、見せなきゃどうにもなんないし……

 

 

 

グロ注意

 

 

 

 

いくぞ

 

ほいっ

 

f:id:mfigure:20170808151430j:plain

カラーはみっともないので、モノクロで誤魔化した。

 

自分的にはあまり変わっていない印象。

だいたい脂肪が結構多いので。

脇腹に余計な肉が余っていてみっともない。

基本的に部分痩せは不可能なので、食事制限と運動量を増やして落とす必要があるが、そっちはさぼっている。

 

ちなみに現在の体重は48㎏程度だ。

 

1年9か月前にも醜い身体をさらしているが、その時は42㎏しかなかった。筋トレをさぽって間食ばかり食べていたら、こんなになってしまった。

グロ注意↓↓↓

ダイエットと筋トレ、スネップ仙人の現状 - スネップ仙人が毒吐くよ

グロ注意↑↑↑

 

食事制限はともかく、腕立て伏せやシットアップなどの器具を使わない自重トレーニングは、相当意思が強くないと続かないんだよね。

すぐに飽きてやめてしまう。

 

飽きない様に続ける為に、器具を使う訳だ。

 

しかし、だからといって大掛かりで高価な器具を買えばよいという物でもなく、それはそれで器具のセットアップが面倒とか、邪魔で隅に追いやって、結局上に物を置いたりして使わなくなるのが関の山である。

実際うちには、畳一枚分のスペースを喰う大きな万能ジムセットがあるのだが、今では物干し台と化しているw

 

そこまで大きくなくても、ワ〇ダーコア スマートとか、最初は使っていてもベッドの下に押し込んだままとか、なりがちである。

 

そうならずに、適度なアミューズメント性を保ちつつ、邪魔にならずにすぐに使えるという意味で、腹筋ローラーは最適だと思うのだ。

 

  

ホエイプロテイン100【instant】1kg プレーン味 造粒品 NICHIGA(ニチガ)

ホエイプロテイン100【instant】1kg プレーン味 造粒品 NICHIGA(ニチガ)

 

という感じで、今後も継続して以上2品を使用して、トレーニングしていきたい。