スネップ仙人が毒吐くよ

50代ひきこもりの独白記


雨に濡れる紫陽花を撮るも失敗だらけ

空梅雨でなかなか雨が降らない今シーズン。

紫陽花も雨でないと風情がないという声を聴く。

昨日は待望(?)の雨だったというわけで、またまた紫陽花の写真を撮りに出かける。

 

snep1000.hatenablog.com

 

場所は前回と同じ、足羽山だ。

 

ところが、雨天の撮影は殆ど経験がなく難しい。

結局35枚撮ったものの、家に帰ってパソコンでじっくり見てみると、失敗だらけ。使えるのは数枚というていたらくである。

 

取り合えず、比較的まともな物を貼る。

f:id:mfigure:20170625164649j:plain

f:id:mfigure:20170625164814j:plain

f:id:mfigure:20170625173944j:plain

f:id:mfigure:20170625174417j:plain

いずれも、クローズアップレンズを単焦点の50㎜レンズに付けてのマクロ写真である。

 

snep1000.hatenablog.com

 

雨でないと風情がどうのこうのといったところで、こうしないと水滴で濡れている紫陽花なんか分かりはしない。

マクロ撮影でなく、雨の風情を感じさせるには別のテクニックが必要になる。

 

f:id:mfigure:20170625165407j:plain

これは失敗写真の例である。

一応マクロ撮影で花に寄ってはいるが、狙いは花に付いた水滴ではなく、バックの地面の反射だった。

地面が水たまりの反射で光っていれば、雨らしい風景になるとの意図であったが、完全に失敗である。

背景をぼかしてしまったので、結局説明しなければ分からない。ただ背景がぼんやり明るくなっているだけの写真になってしまった。

つまり、この場合は絞りをしっかり絞って背景にもピントがあった写真にしなければならない。

 

雨の風情といっても、写真で直接降っている雨を写すことは不可能に近いわけで、水たまりだとか、長靴や傘をさしている人を同時に写すことで、間接的に雨を感じさせるのが写真のテクニックである。

 


他にも同様の試みを行ったが、いずれもピントがうまく合っておらず失敗だった。

 

もっとも、レンズの選択的に無理というのもある。

マクロ撮影で花びらに付いた水滴を写す為に、50㎜の単焦点レンズにクローズアップレンズで来てしまったが、このレンズは被写界深度が狭く、手前と背景両方にピントを合わせるのは難しいのだ。

 

snep1000.hatenablog.com

 

あまりボケないので面白くないといわれる18-50㎜の標準ズームレンズの方が好適で、ポケットに入れて来ればよかったのだが、後の祭りである。

本日リベンジしたいと思ったのだが、雨はすっかりやんでしまった。

 

また上記50㎜の単焦点レンズは古いレンズでオートフォーカスでないのも失敗だった。

傘を差しながら片手で操作したので、イマイチ微妙なピントが合わず、失敗写真を量産してしまった。

カメラ本体は防滴仕様なので濡れても平気なのだが、レンズは普通なので濡らすとカビるのが心配である。

 

f:id:mfigure:20170625170327j:plain

あとオマケの写真。

これもピントが合ってなくて失敗なのだが、ハート型の紫陽花だったので。

 

www.utsu-joso.com

 

こちらのブログで確率10万分の1とか1000分の1とかいうのであるが……

自分が見て回ると、上の写真の他にもボチボチそれっぽい紫陽花があって、そんなに珍しい物とは思えず。

赤やピンクは無かったから、それなら珍しいんだけど。

 

ともかく、風情といっても、初心者にはいささかハードル高いというか、そもそも雨自体嫌いな引きこもりなのでw

 

せっかく本体が防滴仕様なので、防滴レンズがあれば傘なしでも平気であるのだが。

福井の紫陽花の名所、足羽山公園

先日、福井市内足羽川、九十九橋周辺の紫陽花の写真を記事にしたが、実は近辺にもっと規模の大きい紫陽花の名所がある。

 

snep1000.hatenablog.com

 

高さ100m程度の低山である足羽山である。

どちらも近所なのだが、低いといっても山なので体力のないオッサンには面倒くさく、お手軽な河川敷に先ず出かけたという訳だ。

どうも、はてなブログを回ってみると、人によっては何回も紫陽花の写真を上げているブログがあるようだ。

自分も見習って、今度は足羽山の紫陽花の写真を撮ってきた。

 

f:id:mfigure:20170623173939j:plain

f:id:mfigure:20170623180119j:plain

足羽山は福井市民の憩いの場である公園として整備されていて、散歩やジョギングをする人が多い。

またテレビの電波塔や、その近くに自然史博物館もある。

福井市自然史博物館

 

春には桜の名所としても賑わうが、この季節の紫陽花もまた見ものであり、穴場の観光名所だ。

 

snep1000.hatenablog.com

 

今回の写真は、木々が生茂る山の雰囲気らしく、明るめの写真だった前回とは違い、暗めのRAW現像で表現してみた。

f:id:mfigure:20170623172354j:plain

f:id:mfigure:20170623172432j:plain

f:id:mfigure:20170623175914j:plain

f:id:mfigure:20170623173638j:plain

f:id:mfigure:20170623171712j:plain

f:id:mfigure:20170623181648j:plain

f:id:mfigure:20170623173325j:plain

とても全部を写真に収められる規模ではないが、これだけでも前回足羽川で撮った写真以上の充実ぶりが伝わると思う。

 

カメラとレンズは例によって、PENTAX K200DとTamron 70-300mm F4-5.6 AF LD Macro(472D)の組み合わせだ。前回はSMC Pentax-F 35-105mm F4-5.6で、失敗したと思ったのだが、やはり自分にはTamron 472Dがしっくりくる。

重くて大きいので長時間の散策は疲れてしまうが、花の撮影には欠かせないレンズとなってしまった。

 

一眼レフの買い物相談で、ダブルズームキットの望遠レンズなんか重いばかりで、運動会くらいしか出番がなく無駄という人がいるが、自分的には70-300mmの長くて重いこのレンズが一番出番が多い。

なぜなら、広角気味の標準ズームレンズより、全然味わいのある絵が撮れるからだ。

レンズというのは広角よりも望遠の方が良くボケるのである。

ダブルズームキットの安物ズームレンズは開放F値が低くボケないので、ダメだという人もいるが、長い望遠の方は開放F値の暗いレンズでも良くボケるのである。

 

ダブルズームの望遠が良くないという人の中には、単焦点の明るい広角レンズを勧める人が多いが、これも問題がある。

確かに開放F値が低くて明るいレンズは良くボケる傾向だが、広角レンズは元々望遠レンズよりボケにくい。ただ、望遠レンズに比べて最短撮影距離が短く接近して撮れる傾向なので、被写体にくっ付いて撮ると、遠く離れた背景はボケて写るのだ。

だが、実際は外に撮影に出かけても、被写体に接近できない場合が多い。花壇の奥に綺麗な花が咲いているとか、高い木の上に花があるとか、崖の上であるとか等々。

そのような場合、広角レンズでボケるといわれるレンズはお手上げである。

 

それに何故か、広角の単焦点レンズは大きさの割に値段がやたら高い。望遠より人気が高いからだろうか?それとも、湾曲収差や周辺光量不足対策で設計が難しいからだろうか?

確かに条件にハマった時の画質は凄いのだろうが、上記したように案外生かせるシーンは多くないと思う。離れて撮るなら、全くボケないといわれる標準ズームの広角でも大して違いはないと思える。

まあ、自分の様な初心者には分からない、深いフカーイ理由があるのだろう。

 

だから、遠くを撮るための運動会などのイベントでなくても、望遠レンズの出番は多いのである。これから一眼レフやミラーレスを買おうという人は、ぜひ長い望遠レンズも手にすることをお勧めする。

 

f:id:mfigure:20170623175732j:plain

オマケw

 

TAMRON 望遠ズームレンズ AF70-300mm F4-5.6 Di MACRO キヤノン用 フルサイズ対応 A17E

TAMRON 望遠ズームレンズ AF70-300mm F4-5.6 Di MACRO キヤノン用 フルサイズ対応 A17E

 
TAMRON 望遠ズームレンズ AF70-300mm F4-5.6 Di MACRO ペンタックス用 フルサイズ対応 A17P

TAMRON 望遠ズームレンズ AF70-300mm F4-5.6 Di MACRO ペンタックス用 フルサイズ対応 A17P

 

野鳥撮影カルガモとホオジロだけで大きな収穫なし、そして出合った花

昨日、福井県地方は梅雨突入。

しかし本日には再び青空。明日も晴天の予定w

 

というわけで、愛機PENTAX K200Dを持って、近所の足羽川河川敷を散歩。

久しぶりに野鳥を撮りたいので、勿論レンズは70-300㎜望遠ズームのTamron 472Dである。

f:id:mfigure:20170622171409j:plain

対岸の岸辺近くに居たカルガモ。

 

f:id:mfigure:20170622172155j:plain

スズメに似ているが、やや大きく頬が白くなっているのでホオジロだろう。

 

野鳥狙いで1時間半ほどぶらついたのだが、良い収穫はなし。小さく写ったのをトリミングしているので画質が悪い。

 

 

諦めて家路に戻る途中で鮮やかな花を見つけた。

f:id:mfigure:20170622181131j:plain

f:id:mfigure:20170622180715j:plain

f:id:mfigure:20170622180959j:plain

PENTAX K200Dは古いカメラだが色の再現性は素晴らしい。

 

相変わらず知識なく、何の花か分からない。

野草ではなく、誰かが育てた物であるようだが……

 

2017/6/23日13:30追記
id:sekretoさんによると、キバナコスモスであるとの事。有難うございます。

一応、花菖蒲撮ってきたよ

一応ね。

他にも、福井県内には花菖蒲の名所と呼ばれる場所はあるんだけど、遠距離だったり、お寺の庭で拝観料が必要だったりと、自分にはちょっと都合の悪い場所だったりするので、某公園内の小さな菖蒲園。

あまり期待してないで行ったら、そんな感じ。管理している人の苦労に悪いので、何処とはいわないけど。

f:id:mfigure:20170620155513j:plain

一番咲いているところでこんな感じ。

 

密度もだけど、花の形がいまいちで、絵になる花を探すのが難しかった。

詳しくないから花菖蒲ってそういう物なのかもしれないが。

f:id:mfigure:20170620160358j:plain

この花は整った形だったが、ティッシュを丸めたようなのが多かった。

 

後適当に貼る

f:id:mfigure:20170620160730j:plain

f:id:mfigure:20170620160427j:plain

f:id:mfigure:20170620160516j:plain

f:id:mfigure:20170620160845j:plain

f:id:mfigure:20170620161349j:plain

f:id:mfigure:20170620161558j:plain

人が全然いなくて自由に撮影し放題だったのは良かったw

 

やっぱり、花菖蒲祭を絶賛開催中の大安禅寺へ行って500円の拝観料を払うべきだったかな。でも宗教心のない自分が行っては迷惑だろう。

北潟湖にも行きたかったが、片道車で1時間近く、その上今年は観覧用の木道が破損して一部入れない場所があるという事で断念。来年行けたら良いな。

 

レンズは最初Sigma 28-80mm F3.5-5.6 Macroを付けていたのだが、写りが面白くなくてすぐにTamron 70-300mm F4-5.6 AF LD Macroに付け替えた。

一枚目の写真以外はTamron 70-300mm F4-5.6 AF LD Macroだ。

長いレンズの方が背景が良くボケるし、遠くにある花も大きく写せるから、このレンズは重宝する。

 

TAMRON 望遠ズームレンズ AF70-300mm F4-5.6 Di MACRO キヤノン用 フルサイズ対応 A17E

TAMRON 望遠ズームレンズ AF70-300mm F4-5.6 Di MACRO キヤノン用 フルサイズ対応 A17E

 

 

BAL高圧フットポンプ【ツインシリンダー】で車のタイヤ空気圧調整

うちの家族があまり乗らずに放置気味だった軽自動車を、ぼちぼち整備している。

先日、6月だというのに、スタッドレスタイヤをノーマルタイヤに交換した。

お金はないが暇はあるので、車載工具を使って自分で交換した。

 

タイヤ交換自体は何度も経験しているので難しくはない。

 

ただ困った事に、交換したノーマルタイヤの空気圧が不足しているようである。

 

昔使っていた空気圧ゲージを探したが見あたらない。しかし見た目にタイヤはひしゃげており、1km余り離れたスタンドへ行くのも危なそうである。

 

というか、ガソリンは満タンに近く、空気を入れる為だけにフルサービスのスタンドに行くのも気が引けるのだ。余計な物を押し売りされては堪ったものではない。

 

ゲージは見つからないが、オートバイ用の携帯手押しポンプがあるので、試しに使ってみる。

タイヤ1本に約100回、シュコシュコ必死の思いで空気を送り込んでみたが、見た目には何の変化もない。

大体このポンプは非常時に備える携帯用で、バイクでさえ100回程度では大して圧力が上がらない代物である事を思い出した。

 

もう一つ別のエアポンプがあるにはあるのだが……

f:id:mfigure:20170616004144j:plain

f:id:mfigure:20170616003542j:plain

この通り、タイヤに接続するバルブが破損している。

大分昔に壊れたのだが、エポキシ接着剤でくっ付けて数回使用していたのだが、今回タイヤに付けようとしたら、再び取れてしまったのであるorz

 

スタンドには行きたくないし、手持ちのポンプは役立たずなので、自動車タイヤ用空気ポンプを購入するしかない。

条件としては

 

  • 比較的楽に空気が入る事
  • 価格が安い事
  • 壊れない事

である。

 

 

そして、電動式ではない事も重要な条件である。

 

何故かというと、上のポンプを使って分かったからである。

電動式(DC12V 式)は

 

  • 音がやかましい
  • 使用時間に制限がある(制限を超えると壊れる)
  • バッテリーが上がるので、エンジンを掛けないと使えない
  • 電源コードの取り回しが面倒

 

といった具合で、使い勝手に問題が多すぎるのである。

 

となると、残りは手動式かフットポンプしかない。

楽に空気が入る事を考えると、必然的にフットポンプとなる。

 

取り合えずAmazonで探す癖がついているので、検索してみると

 

BAL ( 大橋産業 ) 空気入れ ツインシリンダー 1920

 

BAL ( 大橋産業 ) 空気入れ ツインシリンダー 1920

 

が見つかった。

箱の表示をみると、

BAL 高圧フットポンプ【ツインシリンダー】 No.1920

が商品名である。

 

自動車用フットポンプは出品があまりなく、星の数とレビュー数を考えると、これが一番お勧めの商品であろう。

値段も2000円以下と比較的手ごろである。

また【ツインシリンダー】の名の通り2連ポンプとなっていて、楽に空気が入るのではないか?と期待される。

 

しかし、気に入らない部分もある。

 

それは接続バルブの材質である。以前使っていた電動式エアポンプはこの部分が樹脂製であるため強度が弱く折れてしまった。

BAL 高圧フットポンプ【ツインシリンダー】 No.1920も写真を見れば分かる通り、バルブが樹脂製なのは間違いないだろう。

 

ところが、調べてみるとフットポンプに限らず、殆どの空気入れが同様の樹脂製バルブであることが分かった。

 

このような、一部の電動エアポンプのみが、金属製のねじ込みバルブを採用しているに過ぎない。

 

殆どのエアポンプはレバーを倒して締め付けるワンタッチ式のバルブで、その構造を安価に実現する為、強度に疑問がある樹脂製を採用しているようだ。

 

選択肢がない以上、ここは諦めるしかない。

むしろ、電動式はフットポンプより高価な物が多く、安いフットポンプを選ぶことは、この意味でも正解といえよう。

 

さて、実際に商品を取り寄せると

f:id:mfigure:20170616170001j:plain

 やはりバルブは頼りない樹脂製であった。ホースの接続部に自転車やボール等に繋ぐ為のアタッチメントがくっ付いていたが、邪魔なので外してしまう。

 

販売戦略上マルチユースを謳いたいのだろうが、無駄なオマケだと思う。使えなくなった前の電動ポンプに同様のアダプターが付いていたし、自転車用には別のポンプがあるので不要なのだ。

そんなところにコストを掛けるくらいなら、金属製の丈夫なバルブにして欲しい。

※ホースがカシメで固定されていないので、ホームセンターなどで適当なコンプレッサー用のバルブとフィッティングを探してきて差し込み、針金かホースバンドで固定することも可能と思われるが、それらも安くはない。

 

もうひとつ、実際に商品を手にして面白くない部分があった。

f:id:mfigure:20170616165524j:plain

収納時に邪魔にならないよう、フットペダルを踏んだ状態で維持して固定する留め金である。

 

f:id:mfigure:20170616164840j:plain

デフォでは、このような向きに付いているのだが、留め金のペダルに引っ掛ける爪の部分が長すぎて、外すと二度とハマらないのである。

ヤワな金属ではない。ガチガチで、腕力で力任せに引っ張ってペダルの穴に引っ掛けようにも、掛からない。

 

f:id:mfigure:20170616164933j:plain

しょうがないので、ペンチを使って留め金を外し、フレームの方に長い方の爪を掛け、本来フレームに掛かっていた側をペダルに引っ掛けるように付け替えた。

これで何とかペダルを引っ掛けて固定できるようになった。

商品の注意書きには「改造絶対禁止」とあるが、やむを得ないだろう。

 

デフォのままでは外せるがハマらない不可逆的な構造としかいえない。

Amazonレビューにも、引っ掛からないという声がある。

 

 

実際に空気を入れてみる。

f:id:mfigure:20170616145222j:plain

Amazonレビューでは、一部の車種やバイクでレバー式バルブがホイールに当たって付かないという声があったが、うちの車では問題なく取り付けられた。

先にも書いているように、樹脂製なので、レバーを倒すときにホースの部分に指を掛けながら力を入れると折れる可能性がある。

ホースには手を掛けず、レバー式バルブの円柱部分だけを持ってレバーを倒すのが望ましい。

 

f:id:mfigure:20170616145116j:plain

フットポンプと同時にダイアル式のエアゲージも購入した。

フットポンプの注意書きには、付属のゲージは目安なので、正確に空気圧を測るにはエアゲージを使用してください、とのことだがほぼ同じ値である。

入れる前の空気圧は140kPaしかなく、やはり全然不足だった。

 

うちの車では約220kPa以上が必要である。

百回ほど必死に踏み込むと、230kPa以上になった。

 

そう、必死である。

 

全然軽くなんかなかった(汗

自分、体重48kgほどだが、車のボディーに手を掛けて全体重を片足に掛けないと踏み込めなかった。

体重の重い男性は良いが、軽い女性にはなかなかきつい作業になると思う。

結局ツインシリンダーという事は、踏む回数が半分になるだけで、力は倍という事かもしれない。その辺は覚悟した方が良いだろう。

※筆者は身長156㎝のチビ且つ引きこもりの50代オッサンなので、普通の健康的な男性であれば、問題ないレベルと思われる。

 

とはいえ、さっと取り出してすぐに使えるのは電動式にない利点だ。

また日常的にサボらず度々点検するのであれば、そんなに空気を入れる必要もなく、少しは楽だと思う。

 

 

エーモン エアゲージ(ラバープロテクト付) 最大測定値500kPa 6781

エーモン エアゲージ(ラバープロテクト付) 最大測定値500kPa 6781

 

以前使用していたエアゲージはバイクでも使っていたので、携帯性に優れるスティック型だったが、やはりダイアル表示型の方が見やすい。

 

BAL ( 大橋産業 ) 空気入れ ツインシリンダー 1920

BAL ( 大橋産業 ) 空気入れ ツインシリンダー 1920