スネップ仙人が毒吐くよ

50代ひきこもりの独白記


こんな物を買ってしまった

本日Amazonからの届け物。

f:id:mfigure:20180123131510j:plain

フフフ、これは何だろうな……

分かる人には分かる代物。

 

 

スポーツ自転車用メンテナンススタンドと、SHIMANOアルテグラ用のブレーキシューセットである。

何でこんな物買っちゃったかな?

 

フフフフフ……笑いが止まらない。

 

 

じゃーん

f:id:mfigure:20180123142331j:plain
f:id:mfigure:20180123142618j:plain

嘘ウソうそ、これは家族の持ち物である。

勝手に触ると怒られてしまうので、コッソリ撮影した。

自分のは、まだ到着していない。

 

という事で、ロードバイクを入手してしまったのである。

去年、うちの家族が上のGIANT OCR3という中古のロードバイクを入手してしまい、毎日目に入ってくるため、たまらず自分も入手したという次第。

 

無職で金もないので、自分も当然中古である。

しかも殆ど無名の安物である。GIANTのOCR3も入門者用の安いバイクであるが、それよりも下である。

しかし、いわゆるルック車という紛い物ではない。

安いが、一応最低線ロードバイクである事は間違いないと思う。

車名は……

 

次回にしよう。

ヒントを出すと、フレームは一応アルミでGIANTの工場で製造されたものである。

 

仮想通貨デビュー、しかし直後に暴落の洗礼を浴びてしまう

昨年12月18日にZaifに登録開始。

Zaifは本人確認に時間が掛かると噂は訊いていたが、本当に全然確認用のはがきが届かない。時間が勿体ないので、その間に他の取引所も登録すべきと勧めるブログが多いが、色々登録しても管理できるほど頭が良くないので待ち続ける。

Zaifを選んだのは手数料が安そうという理由。

1月11日に待望のはがきが届き、本人確認完了。

チャートをまたーり見ながらも、まだまだ高いと様子見。

1BTCが150万円位になったら買おうと思っていたが、全然下がる気配がない。

 

そんな感じで待っていると、Twitterでネタンクというブログをやっている ヨシダヨシオさんが、プレゼント企画でモナコインを配布するという。興味本位でリツイートすると……

 

なんと当選してしまった。

Zaifの登録は完了していたが、未入金。

入金しないと受け取りもできないので、あわててペイジーで1万円入金した。

受け取りだけなら1000円とか、もっと安い金額でもOKだが、手数料486円は同じなので、ある程度まとまった額を入金しないと損である。

振り込みにすれば節約できるが、親友でもないヨシダヨシオさんをあまり待たせるのは失礼であろう。

右も左も分からない状態だったが、1月13日その日のうちに無事1MONA受領。

 

 

さて、入金してしまうと、どうにもこうにも何か買ってみたいという気持ちになってしまう。

しかし、1月13日の時点で1BTC170万円をようやく切るレベルで150万には遠く及ばない。 14日15日と168万辺りをうろつく感じで、それまでじりじり値を下げていたのが停滞しているように感じられる。

もっと下がって欲しいのだが、この感じではあまり下がらないどころか再び上昇してしまうのではないか?

焦りを感じ、ついにこのタイミングでの購入を決断した。

2018/01/15 19:01 1681570JPY 0.0030BTC

様子見で5千円ほど残した。

今思えばここで止めておけば良かった。

 

そして翌日、横ばいか上昇と思っていたのだが思った以上に下がっている。

2018/01/16 12:31 1645585JPY 0.0010BTC

追加購入。

更に1万円を使いきって後は放置しようと考える。

2018/01/16 12:42 965JPY 1MONA

2018/01/16 16:46  150.998JPY 15XEM

 

 

これで残りは80円となった。

XEMを買った後、しばらく風邪で熱があって風呂に入っていないので、頭が痒く入浴。

スッキリしたところでチャートをみると

https://www.tradingview.com/x/KgVlzjiI

1BTC15万以上もドカンと下がっている。

大変だ。

素人の自分が見ても一目で大暴落と分かった。

 

一瞬半戻しで少し戻ったが、再びドカンと下がって、あとは御覧の通りだ。

 

 

3か月チャートだとこんな具合。

https://www.tradingview.com/x/rtIXKf5f

昨年11月末の水準に戻ってしまった。

 

最初いただいた1MONAも含めて1月15日の時点では1万9百円の時価総額があったが、現在1月18日の時価総額は8千7百円に目減りしてしまった。

大ショックである。

それでもまだ、自分は1万円しか使っていないから良いが、何10万何百万突っ込んでしまった人は悲惨としか言いようがない。

1MONAをプレゼントしてしていただいたヨシダヨシオさんはかなりの額を損切したようだ。

 

とはいえ、1月のこの時期の暴落は去年一昨年もあったという話がある。予想して回避、あるいは狙っていた人もいるのかもしれない。

自分もショックではあるが、まだ諦めてはいない。年末にはまた上がると信じたいところだ。

ドカ雪その後

今日は一日晴れ、明日も晴れの予定なので、ドカ雪終わったと信じたい。

 

snep1000.hatenablog.com

 

以下本日午後の撮影。

 

f:id:mfigure:20180114133039j:plain

f:id:mfigure:20180114133003j:plain

この辺は道に水を流しているので、真ん中の雪は消えているが……

 

f:id:mfigure:20180114133351j:plain裏通りはこんな具合。これでも深夜に除雪車が入っている。

 

f:id:mfigure:20180114133219j:plain

f:id:mfigure:20180114133252j:plain

駐車場の車の埋まり具合。積雪70センチくらいか。

 

某氏から風邪ひいているなら写真撮ってちゃダメだと忠告が。

2日前は寝ている場合でなく除雪作業、筋肉痛が痛い(変な日本語)。

 

先ほど熱を測ったら、37.2℃だった。

写真撮ってたらダメだった。おとなしく寝ますw

 

【指定第2類医薬品】パブロンゴールドA<錠> 210錠

【指定第2類医薬品】パブロンゴールドA<錠> 210錠

 

ドカ雪

風邪ひいてるのに勘弁してください。

今日の福井は一日中氷点下。

f:id:mfigure:20180112141948j:plain

f:id:mfigure:20180112141842j:plain

f:id:mfigure:20180112142149j:plain

風邪ひいてなくてもヤダ。

 

スリーアップ ハイパワー電動除雪機 TU-680

スリーアップ ハイパワー電動除雪機 TU-680

 

【ネタバレ】ラ・ラ・ランドの元ネタの一つか?ニュー・シネマ・パラダイス完全オリジナル版

連日映画三昧、しかし気に入った作品には中々当たらない。

 

snep1000.hatenablog.com

 

ニュー・シネマ・パラダイスは以前から高い評価を訊いていたので、期待して観たのだが、自分としては面白く感じられない種類の映画だった。

なお、ニュー・シネマ・パラダイスには、イタリアオリジナル版、劇場公開版、完全オリジナル版の3種類があり、今回観たのは完全版である。

ニュー・シネマ・パラダイス 完全オリジナル版 [DVD]

 

あらすじを説明する。

実家に30年以上も帰らない息子と連絡を取る為、懸命に電話をかける老女。老女は電話を取り次いだ女に、アルフレードが亡くなったと伝言を残す。

第二次大戦中、シチリア島のある小さな村で父親を戦争に取られ、母・妹と貧しく暮らす少年トト。村民たちの唯一の娯楽は教会と兼業の映画館だった。トトは司祭の手伝いをする傍ら、映写室に潜り込んで映画を観るのが楽しみだった。そこの主が、映写技師のアルフレードである。

しかしある日、着火しやすい当時のセルロイドフィルムが原因で、映画館は火事になる。アルフレードはその事故で視力を失ってしまう。

映画館は程なく再建されるが、正式な映写技師はおらず、アルフレードの傍らで機械の操作を覚えていたトトが、幼い少年ながら映写技師として働き始める。

やがてトトは高校生となる。そして、村に裕福で美人の転校生エレナが現れ、トトは彼女に一目ぼれしてしまう。初恋でぎこちない仕草のトトだったが、熱心さが伝わり二人は付き合い始めるが、エレナの両親はそれを快く思わなかった。金持ちの息子を許婚にし、エレナは引っ越すことになってしまう。

一方トトは父親を戦争で失った為兵役を免除されるはずだったが、手違いで徴兵されてしまう。村を去る前、二人は出会うことを約束するがすれ違いに終わる。

トトの兵役は何とか1年余りで除隊して村に戻るが、再会したアルフレードは、村を出て長い年月戻るなという。

立派な紳士となってアルフレードの葬儀で村に戻ったトトは、エレナにそっくりの若い娘を見かける。彼女はエレナの娘だった。エレナは村に戻り、親が決めた金持ちの息子ではなくかつてのトトの友人と結婚していた。

一方トトは、ローマで映画監督として成功したが、いまだ未婚なのだった。

 

といった具合である。

もう言わないでも分かると思うが、エレナとトトの恋の結末が、ラ・ラ・ランドとそっくりで脱力してしまった。

ああー、またコレ系の安いメロドラマかよ!

超ガックリである。

 

明言は誰もしないが、相当ラ・ラ・ランドはこれを意識して制作したのではないのか?

ミュージカルではないが、過去の名作映画を随所に引用しているところも、似ている。

それが、映画に詳しいオタク層に受けて高評価につながったと思うが、それってあざとい演出ではないか?

 

エレナとトトの恋の始まりも、トトの一目ぼれという理由にならない恋であり、一方的にストーカー的に押して付き合い始める強引なストーリーである。

現実の男女はそんなに簡単に両想いにはならない。

しつこいが、ラ・ラ・ランドの二人も似たようなものである。いきなり踊り始めてシンクロしてしまうようなファンタジーだから大目に見るってだけだろう。

 

それで、一方は映画に生きて、もう一方はジャズ。そして、最後は女は幸せに家庭を持って、男の方は仕事は成功したが、ひとり……

 

何か他にも似たストーリーの名画があるのかな?

高評価でも、こういうストーリーだとしらけるので、観たくない。どうなん?

そりゃ、結局うまくいかないのが現実だが、それなら魔法のように恋に落ちるなと言いたい。魔法を見せるなら最後まで魔法を見せて欲しいし、上手くいかないなら紆余曲折あって両想いにならないと面白くない。

こういうラストだと、「結局駄目だったかザマアミロ!」である。

 

唯一納得できたのは「人生はお前が観た映画とは違う、もっと困難なものだ!」というアルフレードのセリフである。

 

 

ニュー・シネマ・パラダイス 完全オリジナル版 [DVD]

ニュー・シネマ・パラダイス 完全オリジナル版 [DVD]