スネップ仙人が毒吐くよ

50代ひきこもりの独白記


テクトロやプロマックスだからこそブレーキのトーイン調整は不可欠

 先日ホイールの振れ取りをした中古ロードバイク。

 

snep1000.hatenablog.com

 

ホイールがブレーキシューに部分的に接触してしまうので振れ取りをしたのだが、次に調整を行うのは当然ブレーキである。

 

当ロードバイクは安い入門用で、使われているブレーキのグレードは低い。高級車ではシマノの105と呼ばれるシリーズ以上の物が付いているが、当然そんな良いパーツは付いていない。

カタログに記載がないのでノーブランドだと思っていたが、前年モデルの兄弟車に記載があって、EVG R462 ALLOY SILという部品である。ネット検索でプロマックス R462というブレーキのOEMバージョンと判明した。

プロマックスという名はそれまで知らなかったのだが、GIANTなどでコストダウンのために採用されて効かないという悪評があるテクトロ同様、入門車に多く採用されているブランドらしい。やはりテクトロ並みに効かないという評判である。

 

テクトロやプロマックスでは命が危ない、さっさと105に交換するべきだ

 

などと散々な評価である。

というわけで、自分も当初はヤフオクで105かアルテグラの安い中古をゲットして、早いうちに交換しようと考えていたのだが、調べていくうちにそう簡単な物でもないことが判明した。

というのは現在装着されているブレーキレバーと互換性がないのである。ST-2300というレバーがついているのだが、何やらブレーキワイヤーの引っ張る量が世代によって違うらしく最新だった*1105ブレーキBR-5800や一世代前のBR-5700では互換性がないというのだ。ST-2300と対応するのは二世代前のBR-5600以前になるという。

 

シマノ ブレーキ 105 BR-5800 前後セット ブラック

シマノ ブレーキ 105 BR-5800 前後セット ブラック

 

 

BR-5600でもテクトロやプロマックスより遥かにマシなのは間違いないが、レバーのST-2300も傷んでいるし操作方式が古いのでクラリスST-2400という新型に変更したい。その為、せっかく交換しても短期間で無駄になってしまう。

 

SHIMANO(シマノ) STIレバー Claris ST-2400 左右セット 2X8S ST-2400

SHIMANO(シマノ) STIレバー Claris ST-2400 左右セット 2X8S ST-2400

 

 

ST-2400にレバーを交換すれば、評判の良いBR-5800が使えるが、このレバーなかなか値段が高い。新品で1万円以上するし、中古もあまり出回っていないようだ。

そのため、すぐに交換とはいかないのである*2

先立つもの次第だが、安くても古い中古品を買ってしまうと、こういう事が起こりがちだ。

 

そんな事情なので、とりあえずは効かないといわれるプロマックスと付き合っていかなくてはいけない。

しかしながら、ネットで散々の評価のテクトロやプロマックスであるが、50代のオッサンである自分の目には、見た目はなかなか立派なブレーキの用に見える。自分らが学生時代の30年40年前のスポーツ自転車のブレーキなんて、もっとペラペラひょろひょろのアームだった。有名なロードマンのブレーキも酷かった。

追憶のカタログ展Part75:1981ブリヂストンロードマン

かといって、昔のロードがスピード出ないなんてことはなく、下りで目いっぱい漕げば60km/h位は出てしまう。

効かないというテクトロやプロマックスのアームの太さを見ていると、時代が違うとはいえ遥かにマシに見えるのである。 

 

だから、105のBR-5800やアルテグラのBR-6800は構造がそれまでのブレーキと変わっっていて画期的に良く効くらしいし、シマノのティアグラなど他のロード用も他の無名メーカーに比べれば効くというが、あくまで比較しての話で、乗り手の使い方次第ではないか?とも思うのである。

 

さて、テクトロあるいはプロマックスは効かないというが、どのあたりがシマノに劣っているのだろうか?

  • 一つはブレーキシューのゴムが効かない。
  • 二つはブレーキ本体の剛性感がない。

この二つに大別されるようだ。

ブレーキシューはメーカーが違ってもある程度の互換性があり、既にシマノ・アルテグラのシューを入手しているので、今のブレーキの感触をある程度確かめた後に交換してみたい。

 

問題はブレーキ本体の剛性感である。テクトロやプロマックスでよく訊くのが「ふにゃる」という表現である。

ブレーキレバーを思いっきり引いても、ガツンと力が伝わっている気がしない。どこかで力が抜けているような気がする。そういう感触の事である。

さっき、昔のブレーキに比べればアームが太くて立派とかいったが、どうもテクトロやプロマックスは、同じような太さに見えるシマノに比べて材質が悪いのか、それとも軸の精度が悪いのか、両方なのか分からないが、剛性感がないとの話である。

 

また昔話をするが、ブリヂストンにバイタルブレーキというのがかつてあった。それはリムに縦溝が無数に掘ってあって、シューの摩擦を増やす工夫である。ところが、それでフルブレーキをしてもブレーキ本体のアームが「ブブブブブ・・・」と前後に激しく振動するばかりで結局効かないという事があった。アーム自体の強度が十分でなく力を受け止められないからである。

 

結局、シューだけをアルテグラにしても同様の結果に終わる可能性があるわけだ。

 

根本解決には剛性の高いブレーキ本体に替えるしかないのだが、ふにゃるブレーキでも何とかしたいという苦肉の策がある。

 

前置きがすっかり長くなったが、それがトーイン調整なのである。

 

トーとはつま先である。それをインする、内股にするという意味である。

ブレーキシューは、上から見るとホイールのリムに対して平行に位置するが、わざと前方を狭く後方を広めに向けて調整するのである。

平行が┃┃なら

トーインはという具合だ

 

どうしてこのような調整をするのかというと、ブレーキを掛けるとブレーキシューは前方に向かって回転しようとするリムに引かれて前にずれようとする。平行調整だと、位置のずれに合わせてシューは逆ハの字に前方が開いてしまう。そうなるとシューの接地面は後方の一部だけになってしまい効きが悪くなってしまう。

そこで、あらかじめシューの前方が開いてしまわないように、ハの字の調整にするのである。ブレーキを掛けると狭かった前方のシューは開いてきて、結果平行になってリムに当たり制動力が強まるのである。

 

このような現象が起こるのはシューを支えるブレーキのアームに十分な剛性がないからで、もともとしっかりした剛性のあるシマノの高級ブレーキではあまり意味がない。

そういうブレーキを使っている人はトーイン調整はしない、あるいはブレーキが鳴くのでやってみたという人が多い。

 

だが、剛性のないテクトロやプロマックスでは事情が違う。ふにゃる剛性のないブレーキだから、アームの変形でシューが引っ張られて開いてしまうのだ。だからこそ、トーイン調整は大いに意味がある。

 

 

それで実際にトーイン調整をやってみようと、ブレーキシューを先ず外してみたのだが……

 

f:id:mfigure:20180220161912j:plain

これは酷いw

室内でサドルにまたがってブラケットポジションでブレーキレバーを握り、足で床を押しても前方に動いてしまうので、効かないブレーキだなと思っていたが、これでは確かに効かないはずである。

交換が望ましいかもしれないが、とりあえずヤスリで修正する。

 

f:id:mfigure:20180220182725j:plain

アルミの破片が刺さっていた穴が残っているが、これを消すまでヤスると溝が全部なくなってしまいそうなので、この辺で妥協。様子をみてダメならアルテグラのシューに交換である。

 

f:id:mfigure:20180220193220j:plain

トーイン調整は、まずシューを正規の位置に戻してネジを軽く締め、シューの後方4分の1くらいの位置に適当な厚みの板を挟んでブレーキレバーを握って固定してから、一旦シューの固定ネジを緩め再びしっかり締め込む事で行う。

シューの固定ネジのワッシャーがおわん型の特殊な形状で、アームに対して角度が変わるように出来ているのである。

 

f:id:mfigure:20180220190122j:plain

トーイン調整に使う板の厚みだが、シマノのサービスマニュアルでは0.5㎜と書かれている。しかし、これはシマノではないので、やや大きめの0.7㎜とした。

物は1㎜の厚さとして売られていたゴム板だが、ノギスで測ると0.7mmであった。ゴムなので潰れて薄くなったのかもしれないが、これをゲージとして使用した。

 

まだ試走はしていないが、この作業を前後とも行って、先に室内でサドルに座って足で押したら動いてしまった車輪が、結果がっちり動かなくなった。

 

確かに理想をいえば、105以上のブレーキに替えるべきなのだろうが、低グレードのブレーキでも出来ることは、やっておいた方が良いというものである。

 

*1:良くは知らないが最新はR何たらというシリーズがあるらしい

*2:互換性のないST-2300にBR-5800を付ける人もいないわけではないが、自己責任である

中古ロードバイクのホイールの振れ取りに挑戦

先日入手した中古ロードバイクだが、格安中古だけあって色々手前で整備が必要である。

 

snep1000.hatenablog.com

 

整備が必要な個所で最も気になる点は、後輪のブレである。

車輪が左右に振れて、ブレーキシューに部分的に当たってしまうため、スムーズに回転せず、当たったところでペダルが重くなったり回せなくなるのである。

 

f:id:mfigure:20180214173931j:plain

 

ブレーキシューの間隔を思いっきり広げれば当たらず回転するが、それでは肝心のブレーキが利かない。当たるか当たらないかギリギリのところで調整したとしてもブレーキの利き方にムラがあるわけで危険だ。

走行抵抗や安定性にも当然よろしくないだろう。

これは大問題である。

 

安全にかかわる問題なので、最初はプロに任せようかとも思ったが、ネットで色々調べてみると自分でも出来そうな気がしたので、とりあえずやってみることにした。

ダメなら、その時はプロに任せようという魂胆である。

 

ネットで最も参考になったのは以下のサイト

自転車ホイールの振れ取り方法!超簡単自作の裏ワザも紹介! | 彩 on your world

 

実はホイールの振れ取りをやったのは今回が初めてではない。

以前、サビサビのボロママチャリの後輪タイヤを交換したことがあって、その時に簡易的に振れ取りをやったことがある。

だが、ママチャリの後輪のブレーキはホイールのリムを挟んで止めるロードバイクに使われている形式ではなく、中心軸に付いたドラムを締め付けて止める形式の為、多少の振れが有ってもブレーキの利きには影響しない。

だから、やり方の基本は知っていたがアバウトな作業だった。

また専用の道具もなかったので、プライヤー(ペンチのような物)で代用していた。

 

今回はさすがに、中古とはいえボロボロでもサビサビでもないので、ペンチではなく専用のニップル回しを購入した。

f:id:mfigure:20180214174029j:plain

 

上のドーナッツ状の金具を、ホイールのニップルという部品に当てて回すことで、針金状のスポークという部品の張り具合が調整され、ホイールの左右(あるいは上下)の振れを取るのである。

f:id:mfigure:20180215162732j:plain

 

スポークはホイールの中心にあるハブという糸巻き状の部品の左右から交互にリムの中央にニップルを介して接続されている。

左右から中央に交互に伸びているので、正面から見れば極端に尖った二等辺三角形となっている訳だ。

だから、左側の辺であるスポークが短くなれば頂点は左に寄るし、逆に右側の辺であるスポークを短くすれば頂点は右に寄る。

ホイールの左右の振れはこうして発生するメカニズムである。

 

スポークと、それを接続しているニップルには、それぞれネジが切ってあり、ニップルを回転させることで長さを微妙に調整する事が出来るのである。

f:id:mfigure:20180215162947j:plain

つまり、ある場所でホイールのリムが左に寄っていれば左側のスポークを緩めるか、右側のスポークを締めれば、位置が矯正されるという訳だ。

しかし、基本的にはスポークは自然に緩む傾向であるため、ニップルは締める方向に回して調整するのがセオリーらしい。

 

というのが、ホイールの振れ取りの原理であるが、調整以前にどの場所でどれくらいホイールが振れているのか見極める事がまず肝心である。

 

上の参考サイトでは、ナイロン結束バンドをフレームに固定して目安としていたが、自分は楽をしたいので、もっと簡単な方法を使った。

f:id:mfigure:20180215162441j:plain

結束バンドの代わりにマスキングテープをフレームに貼ったのである。位置や長さの変更が貼り直すだけで変更できるので、大変簡単だ。

リムにテープが当たるか当たらないかの位置に貼って、ホイールを回転させ「ペシッ」と音がして当たったら、その位置が振れて調整が必要な個所だとすぐ分かる。

何度か貼り直して調整を繰り返して、全然テープに当たらなくなったら調整完了という具合である。

 

こうして、何とか左右上下共に約1㎜程度の振れにまで調整する事が出来た。

これ以上は、ホイールの精度やハブベアリングのガタが多少あるので仕方ないだろう。

 

振れ取り台を使った正規の方法ではないが、とりあえずは大丈夫だと思う。

 

平成30年福井豪雪、2/8日の福井市中心部状況

平成30年福井豪雪、除雪作業に追われていたので、のんびり写真を撮っていられなかったが、買い物ついでに撮ってきた。

 

まず自宅状況。

室内から窓越しにちょっとだけ。

f:id:mfigure:20180208140041j:plain

f:id:mfigure:20180208140727j:plain

屋根の上は手付かず。今は心配ないが、土曜日に雨の予報。雪が雨を含むと重くなるので心配。

 

自宅付近の駐車場。

f:id:mfigure:20180208155428j:plain

f:id:mfigure:20180208155459j:plain

開店休業中のコインパーキングw

 

幹線道のフェニックス通り。

f:id:mfigure:20180208151435j:plain

綺麗に除雪されているが、周囲の雪壁の高さがすごい。

 

フェニックス通りに接続する駅前電車通り。

f:id:mfigure:20180208154742j:plain

路面電車はもちろん運休。

 

福井駅前。

f:id:mfigure:20180208153215j:plain

氷河期恐竜を撮りに来たのだが、午前中の晴れ間で恐竜の上の雪は落ちてしまったようだ。残念。

 

福井駅前から福井城址に向かう道路。

f:id:mfigure:20180208152948j:plain

雪山が高い。

 

福井駅前ガード沿いの通路。

f:id:mfigure:20180208153012j:plain

f:id:mfigure:20180208153616j:plain

これ駅出て徒歩1分なんですけどね。通行不可というか、端のひさしの出ているところが通路になっている感じ。

 

予報では明日が晴れで、あさってが雨なので、屋根の雪を下ろしたいが、捨てる場所がない。道路には捨てられないし、中庭か玄関わきの狭い空間に落とすしかないが、そこも既にいっぱいである。

※2枚目の写真が中庭

 

どうしたものか?

またもドカ雪

またもドカ雪って、前回から何度も降っているけど。

 

snep1000.hatenablog.com

 

今年の冬は本当によく降るわ。もう勘弁してください、って感じ。

f:id:mfigure:20180205131515j:plain

f:id:mfigure:20180205132249j:plain

f:id:mfigure:20180205132331j:plain

f:id:mfigure:20180205132457j:plain

f:id:mfigure:20180205132629j:plain

明日も一日中降り続ける予報。

まだ雪降ろしが必要なほどではないが、駐車場の周りの除雪だけでも大変。

自分の車は良いが、家族で毎日勤めに出て深夜に帰宅する者もいるので。

無職の者の義務ですよ。

本当に勘弁してください。

中古ロードバイクのフレーム塗装傷の補修(タッチアップ)

自分が先日入手したロードバイクは6年落ちで約2万円の中古である。

 

snep1000.hatenablog.com

 

美品であれば良いのだが、年式なり値段なりの程度で、フレームの塗装傷が多い。車体全体が写るような写真では綺麗に見えても、接写すると沢山の傷が写る。

f:id:mfigure:20180201144039j:plain

f:id:mfigure:20180201144153j:plain

f:id:mfigure:20180201144313j:plain

f:id:mfigure:20180201144904j:plain

f:id:mfigure:20180201144804j:plain

目立つ傷で、こんな感じ。もっと細かいレベルの傷になると無数にある。

 

放置しておくと、傷が拡大したり腐食が進むので補修する。

簡易的な応急処置で、いわゆるタッチアップペイントである。

 

結論からいうと、綺麗には直らない。残念な仕上がりである。

 

f:id:mfigure:20180204165624j:plain

手持ちの道具での格闘の後。

新たにフレームの色にあった塗料を用意すれば、もっと仕上がりも良かったと思えるが、在り物で済ませてしまった。

良い子は真似してはいけない悪い例である。

黄色は色合わせ用に使おうとしたが、混ぜると濁って余計に汚い色になるので、ほとんど使っていない。赤も暗めの色で全然良くなかった。

プラカラーを使えば、色はもっと綺麗になったかもしれないが、耐候性を考えて以前購入していた自動車用の塗料を使用したのである。

 

腐食はないように感じられたので、脱脂だけして直接塗っている。

脱脂に無水アルコールを使用したが、良くなかった。色が剥げる。

中性洗剤を薄めたもので拭いて、仕上げに水拭きした方が良かったかも。

 

最初に下地として白を塗る。そうしないと本来の色が発色しないで、なかなか色が付かない。

f:id:mfigure:20180204145557j:plain

 

 

以下、残念なAfter写真。

f:id:mfigure:20180204165725j:plain

f:id:mfigure:20180204165917j:plain

f:id:mfigure:20180204165709j:plain

f:id:mfigure:20180204165955j:plain

最後の写真、トップチューブの上にポツンと一点だけある傷が、非常に気になる。

サドルにまたがって乗った時によく見える位置だからだ。

他の傷は、乗っていれば見えない場所なので、そんなには気にしない。

ここだけでも、本格的にエアブラシでぼかし塗装したい感じ。

今は寒すぎて、換気もしないとダメなので、時間があっても絶対にやりたくないが。

 

 

まあ、傷で見た目を気にする人は、ネットで安い中古など買ってはいけない。

頑張って新車のロードバイクを買うべきだろう。

 

ブレーキやクランクなど、フレーム以外のパーツのやれ具合も、そこそこいっているが、それらは殆ど気にしていない。

それらは、交換してグレードアップする楽しみがあるからだ。