読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スネップ仙人が毒吐くよ

50代ひきこもりの独白記


本当においしい通販の蟹はこれだ?!

暮らし

自分が住んでいる福井は越前ガニの地元で、この季節になるとスーパーの店先でテントを出して売っていたりする。また車で45分~1時間程度走れば水揚げ漁港のある浜の店で茹でたてをいただく事もできる。そういうのはジューシーで最高においしい。そのため通販を利用することはあまりないのだが、そういう地域ばかりではないだろう。

たまに、アラスカ産の冷凍物を戴いたりもするのだが、地元産に比べると味が薄く水っぽく感じるのは、気のせいだろうか?

 

そんな疑問を持っていたところ、おいしい蟹の選び方について詳しく説明しているブログを見かけた。

hajimefuse.hatenablog.jp

元バイヤーという事なので、書いてあることは信ぴょう性が高そうである。

端的に言えば、

  1. カニの味は産地ではあまり変わらない。
  2. 捕獲してから茹でて冷凍するまでの時間で劣化が進む。
  3. 生食用を選ぶこと。

の3点が重要である。

細かい点では脱皮したては不味いといったこともあるが、Amazonや楽天の通販で選ぶのであれば、上記3点を先ず覚えておく事が重要と思われる。

 

カニの味は産地ではあまり変わらない

通販の蟹でまず我々素人が注目するのは、この点だが、上記ブログの説明では、どこの産地でも同じような環境で育った蟹を捕ってくるので、ほとんど差はないらしい。

国内産、ロシア産、アラスカ産どれも同じという事だ。

ロシア産、アラスカ産が通販で良く見かける産地だが、それを見ても差を見分ける目安とはならない訳だ。無視していい。

 

捕獲してから茹でて冷凍するまでの時間で劣化が進む

一般的に通販サイトで強調されるのは産地であったり種類(ブランド?)だったりするのだが、産地よりも重要なのはむしろこちらだ。

捕れたてをいち早く茹でて、また茹でたらすぐに冷凍しなければ劣化するというのだ。

いけすに放置してからでは、生きが悪くなるというのは、あの「美味しんぼ」で有名だろう。また、CS放送やケーブルテレビで人気のドキュメンタリーシリーズ「ベーリング海の一攫千金」では、捕って船内のタンクにカニを保管、死んでしまうと価値がないとは言っているが、港に戻るまで何日も漁を続けていたりする。

これらの蟹では不味いという話なのだ。

また、いち早く茹でたとしても、産地で店を出しているようなところは、通販用に冷凍するのが、店の売れ残りの場合もあるかもしれない。そのようなものも時間がたっているので劣化して不味いのである。

 

生食用を選ぶこと

これは単純に新鮮な方を生食用として選別しているという話だ。

貝類だと毒のあるなしが影響するが、カニは単純な理由らしい。鍋や焼きガニの話しかしていないなら、生食用ではないと判断していいだろう。

 

3点の基準に合う店は極めて少ない

さて上記3点をふまえて、おいしい蟹を売っている通販の店を探すのだが、なかなかに難しい。

なぜなら、具体的にこれらを説明している店がほとんどないからだ。

どこの海で捕れた最高級の〇〇蟹をプロの目で選別とか、どうでもいいことを声高にアピールされてもなー、という感じだ。上記基準で言えば、産地などはどうでもいいし、商売なんだから全員がプロであるw

 

例えば、Amazonベストセラー1位のこのズワイガニ。これは、どの種類の蟹でどこの部位を使っているとかの説明は詳しいが、加工方法には全く触れていない。産地は無意味だから書いてなくても良いのだが。

とどめは、使用方法が鍋や焼きガニと書いてある事だ。つまり生食用ではない。

甘さが違う。仕入れのプロが選んだ大ズワイガニ

と書かれているが、もうお察しだろう。おいしい蟹とはいえない。

そんな感じで、いろいろみてみたのだが、これというのを見つけるのは至難の業だ。

捕ってから何時間以内で茹でて、何時間以内で冷凍などと、具体的な数値はないから、生ものを選ぶのは難しい。

 

とはいえ、アンテナを張っていると偶然の出会いというものがある。以下はそうして見つけたお勧めだ。

楽天のメールマガジンで普段はすぐに削除するところを、たまたま開いて見たら見つかったのである。楽天のメールを毛嫌いする人が多いが、役に立つことも少なくない。

 

ここがお勧めの理由は、

船上ボイル、船上凍結

であるという事だ。つまり、捕ってからすぐに茹でて冷凍したという事に他ならない。

また凍結のまま仕入れて解凍も一切していないという事を強調している。

書かれていることが全て事実なら、元バイヤーのブログでお勧めする「おいしい蟹」の条件に合致する、素晴らしい商品だ。

過去の楽天での実績もあるので、嘘ではないのだろう。

 

量も上記Amazonの倍の重さで、値段もお得だ。

 

同じ店でタラバガニもある。

こちらも

船上ボイル、船上凍結

である。

 

素晴らしいという他ない。多くの蟹通販サイトでは、こうしたことを明記する事はあまりないからだ。「捕ってからすぐに茹でて急速冷凍しました」とあいまいに書かれる事が殆どである。

 

残念ながら、紹介するのが遅くなって、既にカニを買ってしまった人もいるだろう。もし、まだなら検討することをお勧めする。 

 

2016/12/21追記:以下の商品も船上ボイル、船上凍結のかにである。しかも宮城沖で獲れた国内産(関係ないかもしれないけど)だ。