読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スネップ仙人が毒吐くよ

50代ひきこもりの独白記


お気に入りの傘を勝手に捨てられたが、同様の傘が売ってない問題

暮らし

思い出すのも腹立たしいのだが、1ヵ月ほど前、家族にお気に入りの傘を勝手に捨てられた。

tiohoh 長傘 手開き レディース 撥水 無地 竹製手元 エレガント おしゃれ 16本骨 直径97cm(オレンジ)

 

見た目汚かったから、断捨離のつもりなんだろう。それにしたって、他人の持ち物なんだから何も言わずに捨てるのは許しがたい。

更に馬鹿なのが、残された傘が使い物にならない事。一見綺麗に見えるのだが、開いて見ると中のシャフトがどれも茶色く錆びている。こんなものを使ったら、赤錆が服に移って汚れてしまう。錆び汚れはシミになると洗濯しても落ちないのに。捨てた奴は、ちゃんと開いて確かめたのか。

大体、自分はスチールシャフトの傘が嫌いで、捨てられてしまった傘は木軸だった。木ならどんなに濡れても錆びる事は絶対にない。傘の骨もグラスファイバー製の黒いものだった。そういう錆びない良い傘だったのに、勝手に捨てられてしまった。

確かに色がベージュだったので、長年の使用で黒っぽく汚れてしまったのが、みっともなく見えたのだろう。何しろ15年は使っている代物である。

だが、汚くなっても買い替えなかったのは理由がある。同様の傘が売っていないからだ。だから、たかが傘だと安易に捨てられては困るのだ。

整理すると、自分が欲しい傘の条件は以下のようになる。

  • 手開きであること(ジャンプ傘はダメ)
  • 中心軸が木製であること
  • 明るい色であること(ベージュ系が望ましい)
  • やや大きめのサイズ(骨の長さ65㎝)
  • 重すぎないこと

あと、自分が激怒したものだから、家族から5千円を渡されたので、それ以下の値段。でも半分は慰謝料・手間賃として欲しいくらいだから、3千円以下だな。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料!】 日本製 職人手作り 木棒手開き長傘 02P03Dec16
価格:8640円(税込、送料無料) (2016/12/3時点)


 

イメージとしては、ここの傘が近い。だが値段が高すぎる。 自分のお気に入りは東急ハンズで確か1500円くらいだった。15年前だったとしても、2000円そこらで買える傘だ。この田舎には東急ハンズのような品ぞろえの良い店はない。家族は5千円を渡せばそれで済むと思っているらしいが、そういうわけにはいかないのだ。

この田舎のデパートと呼ばれる店やロフト、ヴィレッジヴァンガード、無印良品、ドラッグストアetc. どこにもないのだ。

諦めて、はてな村民に好評のAmazonで調べたが、全然ない。上の傘は、はてな村民が大嫌いの楽天で見つかった。Amazonは売れ筋の商品には強いが、珍しい変わった商品を探すときはダメダメである。楽天は検索がクソで探しにくいが、商品の品ぞろえは多いので、根気よく探すしかない。

 

大体、世間では手開きの傘は少数で、ジャンプ傘(自動開き)が多い。自分はあれが大嫌いなのだ。ズボッと大きな音を立てて開くのが、全くエレガントでない。半分の位置で様子を見ながら、そろそろとゆっくり開くという事ができない。いつでも、いきなりズボッだ。あれがカッコいいとは全然思わない。

そして前述のように木軸あるいは木棒。これが全然ない。ある程度の値段になると錆びやすいスチールではなくアルミシャフトになるのだが。錆びないという理由以外に手触りが、木は良いのだ。太目だから手で支えたり、肩に掛けても当たりが優しくてとても良いのに。見た目もおしゃれだし。それなのに、全然ない。

まあ、それでも手開きと木棒の条件だけなら、すぐにそれらしい傘は見つかった。


 

だが、色がダメだ。欲しいのはベージュなのだ。ベージュでなくてもいいが、もっと明るい色が欲しい。これは24本骨だが16本骨の物もあった。しかし、いずれも黒とかネービーである。というか、紳士用の長傘でベージュ自体無さそうである。薄いグレーでも良いが、手開き木棒がない。

なんで紳士用は暗い色しかないのか?スーツが黒やネービーだからか?でもラクダ色のコートは着るだろう。それも最近は黒なのか?

ファッションセンスの問題でなく、暗い色は交通安全上危険だと思うのだ。夜だったら全く見えないだろうし、昼間でも雨天は暗いから、明るい色のほうが良いはずだ。

それに自分は、傘の下が暗くなってしまうのが嫌なのだ。ベージュなら傘を差しても大して暗くならない。

そんな感じでネットを当ってみても、希望の傘は全然見当たらない。

仕方がないので、検索から「紳士」および「メンズ」を外して長傘だけで探してみる。婦人用の傘も含んで膨大な数になってしまうが、ユニセックスの傘もあるはずだ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

CCカンサイ 16軒木棒手開き長傘 ベージュ PR4-03(代引不可)
価格:1391円(税込、送料別) (2016/12/3時点)


 

そうして、ようやく見つけ購入したのがこちらの傘だ。本当は65㎝サイズが欲しかったが、全くないので諦めた。骨の数も一般的な8本がいいのだが16本である。なぜ8本がいいのかだが、骨の数が多くなると重くなるのだ。上の24本骨の傘は「軽量」と書いてあるくせに重さは630gもある。16本骨で65㎝サイズの傘は地元のロフトにあったのだが、持ってみると重く感じた。

購入した傘は16本骨だが、サイズが60㎝なので、いくらか軽く485gである。これなら8本骨とあまり変わらず許容範囲である。

ただし、骨の材質がグラスファイバーでなくスチールなのが懸念材料だ。メッキでなくブラック塗装になっている。錆びないといいのだが。

値段が値段だし、他に条件にはまる傘がないのだから仕方がない。

 

というわけで手元にあるのだが、妥協した大きさは骨の数が多い分、8本骨より若干布の面積が大きいような気がする。重さも予想通りで、捨てられた傘と同じような感じである。

 

しかし、ロングテールだとかいってるくせにAmazonの傘の品ぞろえは全然だめだ。というか世間の流行自体、全く納得できない。たかが傘だといわれてしまえば、それまでなのだが、あまりに画一的だ。

勝手に他人の物を処分した、断捨離バカも逝ってほしい。何でも古いからと処分したがるが、二度と手に入らない、あるいは入手の難しい貴重な物だってあるのだ。そういうのは、また買えば済むものでないのだ。