読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スネップ仙人が毒吐くよ

50代ひきこもりの独白記


激安1000円のBluetoothイヤホンは意外と高音質だった

「激安、1000円のBluetoothイヤホンは意外と高音質だった」とタイトルにすると、お薦めなのか?と思われるかもしれないが、正直いうと全くお薦め出来る商品ではない。

大体、もう1000円では買えないし。

今月の初めにあった、楽天お買い物マラソンのスロットで期間中だけ使えるポイントを当ててしまった(ていうか、いつも大体当たるんだけど)ので、そのポイントを消化するための商品を物色して出会ったのが送料込み1000円(税込み1080円)の激安Bluetoothイヤホンだった。

見た目ははっきり言ってダサいデザインだ。今どきこんなデザイン、激安でなければ誰も買わないであろう。レビューも全くついておらず、型番で検索して別のサイトで売られていたレビューにただ一言「高音質!」と書いてあっただけである。尚、元の値段は3千5百円ほどするらしい。

どう見ても地雷である。が、以前からBluetoothイヤホンに興味があるものの、値段が最低でも2000円はするからと(赤貧の自分には、それでも超高額なのである)諦めていた自分には、送料込み1000円というのは、超魅力的であった。

お買い物マラソンのポイント消化としては、500円以下でお菓子でも買おうと考えていたのだが、締め切り時間が迫っていて、あまり魅力的な物が見当たらない。1000円でも予算オーバーなのだが、Bluetoothイヤホンへの憧れの感情を抑えがたく、地雷っぽいと思いつつもボタンを押してしまうのだった。

 

f:id:mfigure:20161016172303j:plain

で、やってきたのがコレですよ。見事な中華風味のパッケージw

日本語全くありましぇーん。何だか擦り傷だらけで透明感のない箱だし。大丈夫なのか?

f:id:mfigure:20161016175427j:plain

中身はこんな感じ。右耳だけで使用できる通話も可能なヘッドセットと、充電ケーブル、左耳用イヤホン、英語中国語マニュアルの4点。

販売していたサイトの説明には、交換用の小サイズイヤーパッド2個が付いているはずが無し。大体イヤーパッドが右と左で全然形が違うんだけど?

ちなみに、マニュアルはパッケージに入っていたのとは別に、コピー用紙みたいなペラの紙一枚に印刷された日本語の物が付いていた。

分かっていたけど、やばいやばいやばいぞー。いくらお買い物マラソン特価とはいえ、送料抜いたら5百円そこらだから当然のクオリティである、見た目だけは……。

 

取りあえず、聴いてみない事には初期不良で突っ返す事も出来ない。

愛用のスマホPriori3のBluetooth機能を初起動して、出てきたサウンドは……

 

驚くほど、高音質だった。

悪くない、というかむしろ高音質。自分の手持ちのしょぼい安物イヤホン*1比ではあるが。解像度、バランス共に良好。心配していた、無線特有のノイズも感じない。

音源はSpotifyのMP3 160Kbpsだから、粗が分からないだけかもしれないが、音質的には満足できるものだった。

ただ一つ不満があるのは、やはりデザインがダサいだけあって装着感がいまいちなところ。右側のヘッドセットはイヤーハンガーを取り外して、シリコンゴム製のイヤーチップの向きを回して調整するとフィットしたが、左側の小さいイヤホンの方がむしろフィットしない。イヤーパッドが太すぎるのか、コロッと丸いハウジングの形が悪いのか、押し込むと痛いし、緩めに付けると安定しなくて気持ち悪い。

充電池の容量も音楽再生最大5時間で若干短いが、自分の場合は大して問題にならないだろう。

という感じで、Bluetoothイヤホン初体験だったが、有線と比べてかなり劣るものではないのか?という疑念もあったのだが、良い意味で裏切られた。他のブログでよく紹介されているオシャレなデザインの売れ筋の商品であれば更に満足感が得られるものだろう。AppleがiPhone7からヘッドホンジャックを排したのも良く理解できる。

 

だが、この激安1000円のBluetoothイヤホンをお勧めできない理由がもう一つあった。

技適をパスしていないのである。

中国語と英語だけのパッケージで、いわなくても予想できる人がいるだろうから、正直に書いた。通報するなよ通報するなよ、通報するなら店を通報してくれorz

 

というわけで、よいこの皆さんは以下のような信頼できるBluetoothイヤホンを買ってほしい。

 

*1:Panasonic RP-HSR30