読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スネップ仙人が毒吐くよ

50代ひきこもりの独白記


ツインバード電子保冷保温ボックス【超小型冷蔵庫使用レビュー】

暮らし

使用中の超小型電子冷蔵庫のレビュー*1

自分のものは旧型の中古品だが、現在でも、大きさ・デザインを踏襲した、ほぼ同様の新型が発売中だ。

www.twinbird.jp

www.twinbird.jp

 

自分は旧型モデル「デュオカーゴ Si OR-C638」を某オークションで安く手に入れた。

 f:id:mfigure:20151214175155j:plain

ご覧の通り、扉の部分が新品と違う色に変色している*2。その為か、ジャンク品としての出品だった。

 

だが、それ以外は全く無傷で、元は未使用の展示品と思われた。

 

何故なら、扉の変色は日焼けによる劣化の証拠があったからだ。色の濃い長方形の痕をよく観察すると、「¥8,480」という値段の表示がうっすらと見えた。実際の販売価格に近く、そこに値札が貼られていたのだろう。

その他、本体を置く為のプラスチックトレイが正規品には附属するが、欠品だった。

冷蔵庫として使用すると、内部が結露して、水滴が流れ落ちるので、それを受ける為のトレイである。こまめに布巾等でふき取れば、なくても問題なかった。

 

去年と今年、エアコンなしで35℃に達する居室で、2シーズン使用したが、十分役に立つ性能だった。

だが、本物の冷蔵庫と違い、温度を調節する機能はない。本当は冷蔵庫ではなく、あくまで「保冷」ボックスの扱いだ。生肉など、痛みやすい物の保存は注意して欲しい。

冬は、後にある切り替えスイッチを「弱」にしても、冷却板が凍りつく程で、生肉を入れても問題ないくらいだ。

 

湿度が高いと、結露が大量に発生する。5cm四方程度の大きさの銀色の冷却板だけでなく、庫内全部が金属で出来ているらしく、全体に水滴が付く。

ほったらかしにすると、ドアを開けるたびに水が垂れてくるので、早めにふき取った方が良い。付属品にトレイが付いている理由が納得である。

 

収納量は本体が極小の為、あまり期待できない。

500mlのペットボトル4本が収納できるが、それより高さのあるものは入らない。

他の食品については、以下の写真を参考にして欲しい。

f:id:mfigure:20151214183755j:plain

これでほぼいっぱいだ。うどんは、もう一袋入りそうだが、あまり詰め過ぎると、出し入れが面倒になる。 

 

運転音は、コンプレッサーがないので大きな音はしないが、常時回りっ放しのファンの音がウザい。パソコンと同様のファンが付いていて、「強」モードだとかなり気になるので、身の回り近くに置きたい人は注意だ。

 

代を重ねているが、基本デザインは変わっていない。20年以上に渡るロングヒット商品だ。存分に活用して欲しい。

 

 

*1:自分は冷蔵庫として使用、保温庫としても使用可能だが、言及しない。

*2:横の持ち手の部分が本来の色。