読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スネップ仙人が毒吐くよ

50代ひきこもりの独白記


アレルギー鼻炎対策、ダニ捕りシートDXでダニ退治

身体 自分

楽天のポイントで購入した「ダニ捕りシートDX」が到着した。
先々月にやはりポイントで購入した同じ物が一組ある。

楽天スーパーポイントには期間限定ポイントがあり、短いものだと15日しかないものもある。最低でも月に一度は買い物をしなければ、それらが無駄になってしまう。

自分は大してポイントを稼げていなくて現在は月に1000円以下だ。値段の高い物は買えずダニ捕りシートDX」も必要量を二度に分けて購入したのだ。

f:id:mfigure:20151114200948j:plain

11月の初旬で有効期限が切れているので、早速交換するとしよう。

 

自分は通年性アレルギー鼻炎の持病がある。

5年前の血液検査で、アレルゲンはヤケヒョウヒダニとハウスダストで、何れも最高評価のクラス5である事が分かった。
スギ花粉についてはクラス2だった。

花粉症の患者であれば、これが如何に地獄であるか分かってもらえるだろう。あの辛さがほぼ年中あるに等しいのだから。

昨年末までは通院しており、内服薬を2種類処方してもらっていた。花粉症の治療に使用される物と同じであり、それを年中服用していた。それらを服用している限り、症状は殆ど感じないで過す事が出来たのだった。

ところが前日のエントリで軽く触れたように、今年の1月になって状況が一変した。

 

通院の費用は家族に請求していたのだが、それを諦める事になった。
かといって自分で負担できる金額でもなく、窮地に追い込まれた。

仕方なく通院を取りやめ、症状がひどく外出の予定がある時だけ市販薬で対処した。
1月~4月までは花粉症の時期でもあり、薬代が多く掛かり苦労した。食事をケチらなければいけなかったのは薬代の所為でもある。

それ以降は外出ではあまり症状が出ず(外にはダニはいない)、家の中でもマスクをしたり掃除をこまめにしてしのいでいた。

 

だが、6月の半ばを過ぎておかしな事になった。身体が痒くてしょうがないのだ。通院していた時は、身体にダニに噛まれた痕を見たことはあったが、大して痒くなかった。ところが、今年はやたらと痒いのだ。薬の種類が変わって体質が変化したからだろうか?

かゆみ止めのムヒがあっという間になくなっていく。鼻水も辛いが、身体の痒みの辛さはそれ以上だった。気が狂いそうだ。

アースのダニよけシートやダニよけスプレー、殺虫剤などを買ったが効果はイマイチだった。そして、最後に購入したのが「ダニ捕りシートDX」だったのだ。
半信半疑だったが置いてから一週間ぐらいで痒みは激減した。アースのダニよけスプレーや殺虫剤は使った直後は良いのだが、逆に一週間たつとまた痒くなるのだった。

殺虫剤のスプレーは食器や食料品にかかってもマズイ。「ダニ捕りシートDX」はそのような心配もしなくて良い。置くだけなので楽チンだ。

8月になってようやく平穏を取り戻したのだった。